求人をキホンから学びましょう

求人の役立つ豆知識

求人と求職の倍率を知る

転職活動を開始するタイミングにおいて、職を求める求職者と人を求める会社側の割合を見ておく事は、重要なポイントになると思います。それを数値で表しているのが有効求人倍率です。ここでの有効とは、直近2カ月における、まだまだ有効とされるデータという事です。求人の数が少ないと、有効求人倍率は1より小さくなり転職に不利な時期と言えます。逆に、その倍率が1よりも大きければ働き手不足の時期だと判断でき、転職のタイミングとしては有利なのです。ただ、その倍率の統計対象は、公共職業安定所を通じた求人・求職に限られています。なので、転職の為の雑誌やサイトからの情報、または新規学卒者の情報も対象外となります。

有効求人倍率が高倍率な職場

良い職場の求人は倍率も非常に高いことが多いので、かなり努力をしないと採用を勝ち取ることが出来ないでしょう。そういった有効求人倍率が高い職場で働くには、面接に対する対策をしっかりと行なうことがとても重要になります。倍率の高い職場での面接は付け焼刃では対応することが難しいので、志望動機や自己アピールの内容などをしっかりと固めておくことが必要です。求人サイトなどではそういった面接対策をサポートしてくれるようなサイトもあるので、そういったサイトでサポートを受けることも有効です。場数を多く踏むことも面接で成功するポイントとなります。

↑PAGE TOP